fh9xif | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

fh9xif

編集

良質なテキストはお金にできる--ライブドアが考える「儲かるメディアの作り 方」

返信

http://japan.cnet.com/special/story/0,2000056049,20406976,00.htm


> ライブドアがテクノロジービジネスを扱うブログメディア「Tech Wave」を開設した。編集長には元時事通信 編集委員の湯川鶴章氏を迎え、ライブドアのブランド名を付けずに独立したメディアとして運営していく。


> ライブドアではすでに「ブロゴス」や「アゴラ」など、特定分野に特化したブログポータルを運営している。

~ - ~ - ~ - ~ - ~ - ~ - ~ - ~ - ~ -


 ブロゴスやアゴラがうまくいったから このへんいけるぞ、と。

玉石混交のフラットなところから頭ひとつ抜け出したサイト(ブログ)作り といった感じか。 ブランディングと差別化。


 一方で 「個人の力ですよ」 とはやし立てておいて、一方では共同編集サイトを立ち上げ 打ち負かそうとする。

うまく煽りますねー。

 共同編集というスタイルはこれからも伸びていく。 一方で個人サイトの一角はすたっていく。 それに加えてツイッター。

枝分かれしつつあるというか 住み分けの動きがあるというか、今 何か動いてる。

 そう言えば弾さんも今ツイッターよりになっていてブログの更新が一週間ほどない。弾さんですら振れているということやね。


 あちこちのブログで、ブログ+ツイッター これ最強 みたいなエントリーがある。 もう一つ、共同編集(コラボ)。

これを忘れちゃいけません。

 ツイッター  個人ブログ  共同編集(コラボ)

今この3つだな。 3本柱 立ってる。


 今現在、多くの人は共同編集の意識が弱い。 だから、このsayonala なんかも なんだここは、みたいに見える。

これが 共同編集というものを強く意識するようになると、はてなアノニマス(増田)もsayonala も共同編集サイトに見えてくる。

(ただしテーマは無テーマ and そのときどき)

 あとはサイトデザイン、レイアウトだな。 今のところ 見た目が掲示板っぽく見える。


 「はてぶを新聞風に閲覧できるHatebuPaperを作ってみた」

http://yusukebe.com/archives/10/01/19/091221.html


 いいトライアルだわ。 これなんか共同編集サイトのレイアウトをイメージさせる。(もう少し縦の2列めと4列めを細くして文字を小さくしてもよかった、今のままではよけい見にくい) (それでもいい線いってる)

 レイアウトデザインとAPIを叩いて取得したデータをマッピングするコードを開発しなきゃいけないから難しい。 

コラボサイトにおいてのニューデザイン、これは遅かれ早かれ開発されてくる(だろう)。

投稿者 fh9xif | 返信 (0)

1px欠けの角丸ボックスをCSSだけで作る方法 (はてブより)

返信

http://www.webbibo.com/stylesheet/layout/1pxcorner.html

 上のcss を使いブロックにしてみた。 こう配置するだけでも編集っぽくなる。 

編集スタイルをデザイン的によくしていくことで興味を共同編集の方へと誘導していく。

 来年あたりからこのトレンドは出てくるのではないか。

 それのキーになるのが同期ということだろう。 一方でライブな共同編集の現場があり、もう一方で読む人のことを考えたレイアウトがあると。

 Google Wave での共同編集があり、レイアウトデザインは同期した別サーバーでやる。(これは想像だけど)

 ツイットの寄せ集めにしても、今 開発されるべきはそのページデザインだろう。 (下のレイアウト、読む人は少し間を感じないかな..)

* ボックスの色、ちょっと地味だったか...


野口さん打ち上げ成功に笑顔と拍手

 「野口さん、頑張って!」―。宇宙飛行士・野口聡一さん(44)が2度目の宇宙へと旅立った21日早朝、野口さんとゆかりの深い茅ケ崎市などは茅ケ崎市民文化会館(同市茅ケ崎1丁目)で打ち上げのライブ中継イベントを開催。
 .... そして打ち上げへ―。スクリーンに打ち上げ前の野口さんの落ち着いた様子が映し出されると、参加者から歓声が上がった。午前6時52分。10秒前から参加者全員でカウントダウン。ごう音とともにソユーズが無事に打ち上げられると、会場はこの日一番の大きな拍手に包まれた。
i6t5j9er
 ライブ中継イベントでは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の的川泰宣・名誉教授が打ち上げ前にソユーズの特徴などについて解説。野口さんを「アイデアマン」と評し、「今回のミッションでも面白いことをやってくれると期待している」と語った。

 2005年の米スペースシャトルに次ぎ2回目の飛行となる野口さんは船長補佐として、いざというときは宇宙船を操縦する重要な役目を担う。シャトルを含めて日本人が操縦資格を持つのは野口さんが初めて。米ロ両国の宇宙船搭乗は、日本の将来にとっても貴重な経験となりそうだ。

追記 :

 こうレイアウトされた文章の中にTab キーで移動できるリンクを埋め込んでおいて、js の onFocusイベントハンドラでツールチップを次々に出していけないか。

 これちょっとやってみる。

投稿者 fh9xif | 返信 (1)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.