浮川夫妻の新会社、XBRLやオントロジー研究へ | fh9xif | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

浮川夫妻の新会社、XBRLやオントロジー研究へ

返信

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0912/11/news067.html


ニュースとは関係なんけど、一太郎に関して :

( http://office-watching.com/blog/2007-10-17/36 より)


 もしかしたら、その当時は、誰も気づいていなかったのかもしれない。

単なる思いつきで、遊び心で加えた機能なのかもしれない。

.....

 その機能の名前は、「ランク」と「ビジョン」だ。

 「ランク」は、段落にランク付けをおこない、優先順位をつけて管理する機能だ。

「ビジョン」はキーワードをもとに段落をデータベース風に管理する機能だ。

.....

 これらの機能を搭載することで、「提案型のワープロソフト」としてアピールする一太郎ができあがる。

- - - - - -


 このアイデアは悪くない。 いや面白い。

日ごろの読み書きの上では段落の意識が弱い。日本人の多くがそうだろう。段落というものが強く意識されない。


 少し前から ツイッターをはじめとするサービスにより 短文の投げ合い文化なんてのが起こってきた。 そこには 文脈なんて全然ない自分報告や思いつき、ネタに対して反応し共有した短いログ、が大量に集積されている。

 一方にはブログエントリーという長文よりのまとまりがあり、一方には短文の大集合がある。

 これまさしく 段落の意識が弱い日本人の文章感覚そのものではないか。 (段落を意識したその中間のものがない)


 テキスト文化、テキストマイニングにおいて これからどこに開発の余地があるか。

日本人の盲点であるところの 段落 じゃないだろうか。

 そのへんのところに何かいいツールが出現すれば 多くの人がもっと段落を意識した文章を書くようになる。

そのことによって文脈という意味のストリームが、はっきりすっきりし 整理されたものになるのではないか。


追記 :

 段落の意識というところから 段落をカード化する なんてするとダメなんだよなー。

何かいいアイデアはないか。 

 グーグルは日本語入力ソフトを開発した。 これの次に何か出してきまっせ、必ず。

投稿者 fh9xif | 返信 (0) | トラックバック (0)

このエントリーへのトラックバックアドレス:
API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.